CentOS7(さくらVPS)Google Chrome、ChromeDriver、Seleniumのインストール方法

  • 公開日:2019/04/13
  • 更新日:2019/04/13
  • 投稿者:n bit

Pythonでのスクレイピング作業などには必須となるSelenium、Google Chrome、ChromeDriverをさくらVPSのCentOS7にインストールする方法を解説します。インストール時のバージョンの注意事項なども掲載していますので確認しておきましょう。

  • サーバ

この記事は約 分で読めます。(文字)

Google Chromeのインストール手順

最初にGoogle Chromeのインストール手順から解説していきます。

google-chrome.repoファイルを作成

さくらVPSのCentOS7にGoogle Chromeをインストールするには、まず、google-chrome.repoファイルを作成します。

$ sudo vim /etc/yum.repos.d/google-chrome.repo

以下の内容を記述してください。

[google-chrome]

name=google-chrome
baseurl=http://dl.google.com/linux/chrome/rpm/stable/x86_64
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=https://dl.google.com/linux/linux_signing_key.pub

記述したら、esc、『:wq』で保存しましょう。

yumでインストール

google-chrome.repoファイルが作成できましたらyumを使ってインストールしましょう。

$ sudo yum -y install google-chrome-stable libOSMesa

インストールしたChromeのバージョン確認

動作チェックを兼ねてインストールしたChromeのバージョンを確認しておきましょう。

$ google-chrome --version

この後インストールするChromeDriverはGoogle Chromeのバージョンとあわせておく必要があります。表示されるバージョン番号をメモしておきましょう。

Google Chrome 73.0.3683.103

正常にバージョンが表示されれば、これでGoogle Chromeのインストール作業は完了です。

ChromeDriverのインストール手順

次は、SeleniumからGoogle Chromeを利用するためにChromeDriverをインストールしていきます。

必要パッケージのインストール

ChromeDriverのインストールに必要となるパッケージを事前にインストールしておきましょう。既にインストール済みの方は飛ばして大丈夫です。

$ sudo yum -y install libX11 GConf2 fontconfig

ChromeDriverをダウンロード

ChromeDriverを公式からダウンロードします。ダウンロードするバージョンは公式サイトでご確認ください。

私がインストールしたときの最新バージョンは『ChromeDriver 74.0.3729.6』でしたが、先ほどインストールしたGoogle Chromeのバージョンが『Google Chrome 73.0.3683.103』でしたので、『ChromeDriver 73.0.3683.68』をダウンロードしました。

  • ChromeDriverはGoogle Chromeのバージョンとあわせておく必要があります
$ wget https://chromedriver.storage.googleapis.com/73.0.3683.68/chromedriver_linux64.zip

圧縮ファイルを解凍

ダウンロードした圧縮ファイルを解凍します。

$ unzip chromedriver_linux64.zip

ChromeDriverをインストール

解凍したChromeDriverを/usr/local/bin/下に移動してインストールします。

$ sudo mv chromedriver /usr/local/bin/

利用できるようにパーミッションを変更しておきましょう。

$ chmod 755 /usr/local/bin/chromedriver

これでChromeDriverのインストール作業は完了です。

Seleniumのインストール手順

最後にSeleniumをインストールしましょう。Seleniumはpipを利用することで簡単にインストールできます。

仮想環境に入る

仮想環境を構築している人は仮想環境に入りましょう。

$ cd ~/
$ source analyzen_tools_env/bin/activate

Seleniumをインストール

インストールします。

$ pip install -U selenium

これでSeleniumのインストール作業は完了です。

今日のdot

Google ChromeとSeleniumを使ってスクリーンショットなども取得したい場合はこれに追加して利用したいフォントなどもインストールしておくと良いでしょう。

▲ ページの先頭へ戻る

このページの目次

目次