Sublime TextにPackage Controlをインストールする方法

  • 公開日:2018/10/10
  • 更新日:2018/10/19
  • 投稿者:n bit

Sublime Textのパッケージマネージャー『Package Control』をインストールする方法を解説。Sublime Textの機能を拡張するパッケージのインストールや管理には必須のツールです。Sublime Textを導入したら最初にセットアップしておきましょう。

  • Python
  • Sublime Text

この記事は約 分で読めます。(文字)

Sublime TextのPackage Controlとは

『Package Control』はSublime Textの機能を拡張するパッケージのインストールや管理に必須のツールです。

Sublime Textには便利な追加機能が数多く用意されていますが、それらは全て『Package Control』を使ってインストール管理していきます。

Sublime Textを導入したら最初にセットアップしておきましょう。

Sublime TextにPackage Controlをインストール

Sublime Textに必要となるパッケージのインストールや管理を行うPackage Controlをインストールしていきます。

Package Controlをインストール

Package Controlをインストールするためにはまず下記のサイトにアクセスします。

ページが開きましたらページ中央の左側、赤枠で囲っている部分のソースコードをコピーしてSublime Textのコンソールウィンドウにペーストして『Enter』を押しましょう。

  • ※:タブがSublime Text 3 になっていることを確認しておいてください

Sublime Text 3 Package Control Install

Sublime Textのコンソールウィンドウは下記メニューから表示できます。

  • View >Show Console

コンソールウインドウの表示

Sublime Text 3 Show Console

コンソールウインドウ

Sublime Text 3 Package Control コンソールに入力

再起動を求めるメッセージが表示されましたらSublimeTextを再起動してください。

Package Controlのインストール確認

Package Controlのインストールが完了しましたら『Command + Shift + P』でコマンドパレットを開き、『install』と入力してください。『install Package』がリストの中に表示されますので選択します。

Sublime Text 3 Package Control

Package Controlを使ってインストールできるパッケージの検索ウインドウが表示されましたら正常に動作しています。

Sublime Text 3 Package Control パッケージインストール画面

これでPackage Controlのインストールが完了しましたので様々なプラグインを自由にインストールできるようになりました。

今日のdot

Package ControlはSublime Textに便利な拡張機能追加できるパッケージ管理ツールです。Sublime Textを利用する方は必須のツールとなりますので早めにインストールしておきましょう。

▲ ページの先頭へ戻る

このページの目次

目次